すべては、お客様のために

120周年

すべては、お客様のために

お客様に満足してもらうこと。笑顔になってもらうこと。幸せを感じてもらうこと。
出会ったすべての人に、そう思っていただけるにはどうすればいいのだろうか。

そんな思いの中から、弊社の企業理念が生まれています。

昨今、「高性能」「低価格」「最新技術」と競い合うように多くの工務店が会社の強みを主張しています。私たちは建設事業創業当時から確信していることがあります。

それは「信頼」です。信頼できる人とのつながりは、心が通じ合い・安心が生まれ・喜びに繋がります。お客様の夢をかなえる家づくりは、失敗の許されない一世一代の大な出来事です。一生を過ごす家づくりだからこそ、本物の信頼が重要です。

お客様に何ができるのか? どうすれば夢を達成できるのか? 満足して笑っていただけるのか?

私たちはそれだけを常に考え努力する集団です。「尊重」「熱意」「誠意」そのあとに「信頼」が生まれます。

 

すべては、お客様のために

企業理念

施主様を第一に尊重し、誠意ある住まいを創造する。
熱意ある行動力で、実行、実現、完成と
ステップアップしながら企業の構築を行い、
地域社会から是非とも必要とされる企業を目指す。

理念の意味

お施主様を第一尊重することは、地域密着を目指す事と同じであり、地域社会から是非とも必要とされる企業でなければならない。

経営者自ら資質の向上を計ると共に、単に利益を主としただけの経営ではなく、企業の健全な発展と、地域に貢献するという大きな使命感を含んだ経営を確立するために、具体的な活動を続けていくことです。

理念に基づいた方針

 

  1. 具体的な経営方針の確立
    企業経営のあるべき姿を常に追求し、地域に無くてはならない会社像に日々近付くために、考え方を時代の変化とお客様ニーズに照らして再点検する。
  2. 商品力の向上
    住まい心地の追求と、コストダウンを両立した設計力。それを具体化する施工力の達成を常に目指す。それには、社員の能力UPこそが商品力の向上につながるため、日々専門能力に磨きをかける。
  3. 精鋭な先見力
    社員各自が、仕事を通して自己成長を図るため常に職務と自己実現への問題意識と熱意を持続する。

 

(株)カンノ住研活動方針

21世紀に入り、地場の中小企業の工務店の生き残りとして、地域密着を目指すことによって大不況といわれている中身の繁栄している会社があります。地域社会が是非とも必要とする企業であるならば次の時代も繁栄を続けるはずです。
我が社が地域社会から是非必要な会社と評価されているかどうか、再点検し弱点を洗い出し、それを補強し、優れている点はさらに磨き上げ、パワーアップする必要があります。
経営者自ら資質の向上を計ると共に、金儲けを主としただけの経営活動ではなく、企業の健全な発展と地域社会に貢献するという大きな使命感をも含んだ経営指針を確立するために、具体的な活動を続けていくことです。
(株)カンノ住研は元気に新世紀へ突入し自社の足固め、経営基盤を再点検できる活動を目指します。

  1. 経営方針(考え方を再点検)
  2. 商品力(能力を再点検)
  3. 先見力(熱意を再点検)