本文へスキップ

ワンランク上の住まいを提供します。  

KANNO BLOGPRIVACY POLICY


2018.03.06

福島市上鳥渡S様邸 外構工事始まりました。

カテゴリ:現場進行状況

福島市上鳥渡S様邸の
外構工事が始まりました。

S様邸の敷地は、道路からの高低差がある為、
新築工事より先行して土留め工事を行います。

3月になり、最低気温がマイナスにならない日が増えてきたので、
コンクリートを使う工事が行えるようになってきました。

土留め工事が終わり次第、基礎工事を行う予定です。

2018.03.02

福島市野田町W様邸 大工工事完了

カテゴリ:現場進行状況

福島市野田町W様邸の
大工工事が完了しました。

今日は内部塗装を行っていました。

2階は、クロスのパテ下地処理が始まっています。

今月引渡しなので、現場は最後の追い込みです。
今日もたくさんの業者さんが入っていました。

2月後半から、ブログ更新をさぼってしまいました。
現在は、春から着工する3棟分の
確認申請やプレカット・パネルの打合せを行ったり、
新規お客様のプラン作成や役所の事前協議などを行っております。

2018.02.14

福島市野田町W様邸 外壁工事中です。

カテゴリ:現場進行状況

福島市野田町W様邸の
外壁工事中です。

一部だけの公開です。

全体の写真は、足場解体後に公開させていただきます。

外部は、雪の影響で少し遅れておりますが、
内部の大工工事も順調に進んでおります。

壁のハイクリンボードが貼られ、
巾木・廻り縁の取付を行っております。

W様邸の外壁材は、
KMEWの光セラという商品を採用しております。

光セラの特徴としては、



以上のようにKMEWのHPに記載されております。

詳しくはKMEWのHPでご確認ください。
http://www.kmew.co.jp/index.html

今月中に、W様邸にメタル階段が取付される予定です。
次回のブログでご紹介させていただきます。

2018.02.07

福島市上鳥渡S様邸 地盤調査を行いました。

カテゴリ:現場進行状況

福島市上鳥渡S様邸の
地盤調査を行いました。

スウェーデン式サウンディング試験という方法で、
建物の四隅と中心を調査しました。

結果は、地盤改良がいらない良好な地盤とのことでした。

今後のS様邸の予定です。
住宅の基礎工事の前に、土留め工事を行う予定ですが、
今年は例年に比べて、気温が低いため、
しばらく気温の様子を見ながら、工事を進めていく予定です。

 

2018.02.03

福島市上鳥渡S様邸 地鎮祭を行いました。

カテゴリ:現場進行状況

福島市上鳥渡にS様邸新築工事が始まります。

本日、地鎮祭を行いました。

数日前の天気予報では、
70%の確率で雪だったので、心配していましたが、
お天気に恵まれ、滞りなく地鎮祭を行えました。

来週始めに、地盤調査を行います。

地盤調査の様子は、次回のブログで掲載させていただきます。

 

 

2018.02.01

既存住宅状況調査技術者講習

カテゴリ:研修・勉強会など, 食事ネタ

仙台で「既存住宅状況調査技術者」という
講習会に参加しました。

この「既存住宅現況調査技術者」とは、
国土交通省のHPによりますと、

平成28年3月に閣議決定された「住生活基本計画(全国計画)」において、
既存住宅が資産となる「新たな住宅循環システム」を構築するため、
建物状況調査(インスペクション)における
人材育成等による検査の質の確保・向上等を進めることとしています。

平成29年2月に創設した既存住宅状況調査技術者講習制度を通じて、
既存住宅の調査の担い手となる技術者の育成を進めることにより、
宅地建物取引業法の改正による建物状況調査(インスペクション)の活用促進や
既存住宅売買瑕疵保険の活用等とあわせて、
売主・買主が安心して取引できる市場環境を整備し、
既存住宅流通市場の活性化を推進してまいります。

だそうです。

なんか、難しい・・・

詳しくは国土交通省のHPでご確認ください。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/kisonjutakuinspection.html

丸一日間、講習を受けて、最後に試験を受けてきました。
結果は、3月頃に出るそうです。

お昼は、せっかく仙台に来たので、

「味太助分店」で牛たんを食べました。
美味しかった~!

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.29

福島市野田町W様邸 タイベックシルバー貼りました。

カテゴリ:現場進行状況

福島市野田町W様邸の
タイベックシルバーを貼りました。

足場の養生シートで分かりづらいですが、

養生シートをめくると、タイベックシルバーが確認できます。

弊社の透湿防水シートは、
タイベックシルバーを標準採用とさせていただいております。

タイベックシルバーについての詳しい説明は、
下記のHPをご覧下さい。
http://www.tyvek.co.jp/construction/product/silver/

内部の工事も順調に進んでおります。

FP壁パネルが施工されています。
FP壁パネルとは、
厚さ105mmの硬質ウレタンフォームの断熱材です。

柱とFP壁パネルとの間もキッチリ気密テープを貼ります。
手間が掛かる作業なんですが、
住宅の性能に、とても重要な作業なので、きっちり行います。

完成すると見えなくなる部分に
家づくりの重要な内容がたくさんあります。

2018.01.26

福島市の水道凍結について

カテゴリ:お知らせ

昨日ブログに凍結防止に記載したところ、
思っていた以上に反響がありましたので、
さらに、水道凍結について掲載させていただきます。

昨日、今日と、福島市水道局への
問い合わせが殺到しているそうです。

弊社の取引先の水道業者も
四苦八苦して対応に追われております。

福島市水道局のHPにも
「水道管の凍結・破裂が多数発生すると、指定給水装置工事事業者に依頼しても、
業者の手が回らず、長時間水が使えなくなるだけでなく、修理が必要となった場合は費用も発生します。」
と記載されています。

福島市水道局HP「水道管の凍結・破裂に注意しましょう」はこちらです。
https://www.city.fukushima.fukushima.jp/suidou/?p=23095

今現在で、かなり手が回らなくなってきています。
その日の復旧が難しい状況です。

今すぐ自分で凍結対策できる事もあるので、是非、今すぐやって下さい。
①凍結防止ヒーター線の電気代がもったいないと抜いてしまって、
 今もそのままの方は、すぐに電源に差し込んで下さい。
今までは大丈夫だったとしても、まだまだ寒い日が続きます。
(ヒーター線の電気代より凍結修理代の方が絶対高額です!)
②「新築だから大丈夫なんでしょ?」

確かに今の水道管はポリエチレン管に保温材がまかれているので、
鉄管の配管だった頃よりは、凍結しにくくなっておりますが、
 パナソニックの最新(2017年)のエコキュートの取扱説明書にも

以上のように記載されておりますので、
 お風呂の水は抜かないで下さい。

今すぐできる事は、やっておいた方がいいですよ。
明日から土日になるので、業者の連絡が付きにくくなります。

「去年まで大丈夫だったから・・・」
「何年か前の大雪の時でも凍結しなかったから・・・」
というお話を聞きますが、

今年は寒いんです!!
なんたって最強寒波ですよ!!

今まで以上の対策をお願いします。

2018.01.25

お湯はりが出来ない時の緊急対策!

カテゴリ:お知らせ

久しぶりのブログ更新となってしまいました。

昨日から今日にかけて、
「蛇口からはお湯が出るけど、お湯はりが出来ない」
と何件かお電話いただきました。

そんな時は、恐らく循環パイプの凍結だと思うので、
①シャワーでお湯を浴槽にはって下さい。
②「風呂自動」を押すとお湯が出てくる「循環口」というところより
10cm上までお湯を貯めて下さい。
③しばらく待つと循環パイプの凍結が解消され、
お湯はりが可能になります。

※蛇口からもお湯が出ない場合には、上記の作業を行っても解消されません!
※寒い冬場限定です。

最低気温がマイナスになる冬場は、
お風呂に入った後に、浴槽のお湯を抜かないで下さい!

上記の写真のように、最低でも循環口から10cmより上まで、お湯を残して下さい。
お湯が冷めてしまって水になっていても、問題ありません。

実は、浴槽の水は、循環口から給湯器(石油・ガス・電気全て共通です。)まで、
自動で行ったり来たりしています。
その為、凍結防止になります。

最強寒波が過ぎても、油断禁物です。
最低気温が1℃以上になるまで、浴槽の水を残しておいてください。

2018.01.15

福島市野田町W様邸 建て方作業2日目

カテゴリ:現場進行状況

福島市野田町W様邸の
建て方作業2日目の様子を掲載させていただきます。

2日目は、大工さん5名で作業を行いました。

2日目の作業は、壁のパネル入れから始めました。

柱と柱の間に、厚さ105mmの硬質ウレタンフォームの
断熱パネルを入れていきます。

次に、屋根組みを行いました。

これで、建て方作業完了です。

二日目の夕方にW様に現場に来ていただき、
ご挨拶をしていただきました。
お土産までいただきまして、ありがとうございました。

今週からサッシ取付や屋根工事が始まります。