リノベーション

2019.04.06

福島市成川S様邸 断熱改修工事

福島市成川S様邸リノベーション工事の
断熱改修工事を行いました。

S様邸リノベーション工事の内容は、
今から34年前の昭和60年に新築された家を
耐震改修+断熱改修+間取り変更工事を
行わせていただいております。

今回は、断熱改修工事について、
ブログに掲載させていただきます。

今回はとても重要な部分なんで、長文です。

まずは、床の断熱改修工事の様子です。

今回のS様邸の床の断熱材は、
ネオマフォームの厚さ100mmを施工させていただきました。

上記の写真は、ネオマフォーム100mmの
梱包に張ってあるシールの記載内容です。

床断熱材の施工の様子です。

厚さが100mmあるのを確認し、写真を撮りました。


桧の土台と断熱材の継ぎ目を全て、専用の気密テープを張り、
隙間風が入って来ないようにします。

従来のS様邸の床部分には、
断熱材は施工されていませんでした。
冬場は大変寒く、隙間風もあり、大変苦労されたそうです。

今回の床部分の断熱改修工事を行ったことで、
床下からの冷えや隙間風の心配が解消されるはずです。

.

.

次に、壁と屋根の断熱改修工事の様子です。
今回のS様邸の壁と屋根の断熱材は、
アクアフォームを施工させていただきました。
屋根部分の厚さ160mm、壁部分の厚さ75mmで

施工させていただきました。

アクアフォームの様子は施工前・施工後で見比べて下さい。

1階西面 壁部分 施工前

1階西面 壁部分 施工後


1階東面 壁部分 施工前

1階東面 壁部分 施工後


2階西面 壁部分 施工前

2階西壁部分 施工後


屋根部分 施工前

屋根部分 施工後

現場で発泡させて施工する断熱材なので、
少しの隙間もなく、アクアフォームが施工されています。

施工当日は、S様にも施工の様子を見学していただきました。
カタログや写真で説明するより、実際に見ていただくのが、
一番わかりやすいし、納得していただけると思います。

.

.

最後に窓の断熱改修工事の様子です。
今までの住宅で使っていたアルミサッシの一枚ガラスの窓は、
全て解体・撤去させていただきました。
今回のS様邸の新しい窓には、
樹脂サッシのLow-Eのペアガラスを施工させていただきました。

樹脂はアルミと比べると、約1000倍も熱が伝わりにくい特性がある為、
窓からの熱が逃げるのを防いでくれます。
さらに熱が伝わりにくいので、結露防止にもなります。

以上が、床・壁・屋根・窓の全ての断熱改修工事の様子でした。
完成後は、快適な温熱環境でお住まいになれると思います。

.

.

国土交通省から、断熱改修工事について、
とても重要な調査結果が発表されました。

断熱改修工事を行った後に、
お住まいの方の健康にどのような影響があるかを調べているそうです。

平成26年~平成30年まで、1194人の健康調査を行い、
得られつつある知見の一つに、

「断熱改修後に、居住者の起床時の最高血圧が有意に低下」

「室温が低い家では、コレステロール値が基準範囲を超える人、
心電図の異常所見がある人が有意に多い」

などと記載されています。

住宅性能と血圧の関係性については、
国土交通省だけでなく、オムロンでも同様の調査結果を発表しております。

詳しく知りたい方は、
国土交通省HP
断熱改修等による居住者の健康への影響調査 中間報告(第3回)
http://www.mlit.go.jp/report/press/house07_hh_000198.html

オムロンHP
「住まいと健康」に関する共同研究
室温が家庭血圧に与える影響についての実証調査を実施
https://www.healthcare.omron.co.jp/corp/news/2015/0421.html

以上のリンク先をご覧下さい。

住宅の断熱性能の良しあしで、
居住者の健康状態に大きく影響を及ぼします。

どんな家を建てるか決める事は、
ご家族の将来の健康を決める事かも知れません。

将来、後悔する事のないように、
見た目だけでなく、性能もこだわった家づくりをして下さい。

 

2019.03.28

福島市成川S様邸 水道配管工事

福島市成川S様邸リノベーション工事の
水道配管工事を行いました。

S様邸リノベーション工事の内容は、
今から34年前の昭和60年に新築された家を
耐震改修+断熱改修+間取り変更工事を
行わせていただいております。

今回は、水道配管工事の様子です。
今回のS様邸は、フルリノベーション工事なので、
今まで使っていた配管は、
劣化・腐食・漏水の恐れがある為
全て、再使用しません。

お湯の配管も水の配管も排水の配管も
全て新しい配管にさせていただきます。
ちなみに電気の配線も全て新しい配線にさせていただきます。

水とお湯の新しい配管には、
保護材付ポリエチレン管を使用させていただきます。

写真に写っている青い配管が水で、
赤い配管がお湯です。
グレーの配管が排水配管になります。

従来の水道の配管は鉄の外観が主流でした。
故に錆びたり、腐食したりする心配がありました。
今回配管させていただいたポリエチレン管は、錆びません。
腐食も無く、安全・安心に長期間、ご使用いただけます。

見える部分だけ新しくキレイにするのではなく、
見えない部分まで新しくキレイに交換することが、
長くお住まいになる為に重要な事だと思います。

次回のS様邸リノベーション工事は、
断熱改修工事の内容を掲載させていただきます。

2019.03.20

福島市成川S様邸 シロアリ対策工事

福島市成川S様邸リノベーション工事の
シロアリ対策工事を行いました。

S様邸リノベーション工事の内容は、
今から34年前の昭和60年に新築された家を
耐震改修+断熱改修+間取り変更工事を
行わせていただいております。

今回は、シロアリ対策工事の様子です。
S様邸のシロアリ対策に、
エコパウダーの「エコボロンPRO」
使用させていただきました。

「エコボロンPRO」のカタログです。

カンノ住研は、エコボロンの認定施工店に登録されております。

「エコボロンPRO」の有効成分は、「ホウ酸」です。
無機質なので、分解されず、揮発・蒸発することが無いそうです。
その為、長持ちし、再施工の心配もありません。
また、人の体内に入ったとしても、腎臓の働きにより、
体外へ排出されるそうです。
安全で長持ちという点で弊社では、採用させていただいております。

詳しい「エコボロンPRO」の説明については、
下記のリンク先のご覧下さい。
https://ecopowder.com/products/shiroari/ecoboronpro/

「エコボロンPRO」の施工の様子です。

土台や大引きだけじゃなく、
細かい隙間まで散布します。


柱にも当然施工します。
地盤面から1.5mぐらいまで散布しました。


基礎の立上り部分や床下換気口などにも
丸一日かけて散布しました。

これから施工される間柱などの部材にも散布して完了です。

次回のS様邸リノベーション工事は、
水道配管工事の内容を掲載させていただきます。

2019.03.12

福島市成川S様邸 大工工事が始まりました。

福島市成川S様邸リノベーション工事の
大工工事が始まりました。

S様邸リノベーション工事の内容は、
今から34年前の昭和60年に新築された家を
耐震改修+断熱改修+間取り変更工事を
行わせていただいております。

まずは間仕切り変更工事の様子です。

間取りが変わるので、既存の柱を抜いたり、
新しい土台や柱などを追加したりする工事は必要です。

S様邸リノベーション工事で使用する土台・柱は、
桧のムク材を使用させていただきました。

62本の桧ムク材の柱を追加させていただきます。

ジャッキやサポート柱などを使い、
使わなくなる既存の柱を抜いていきます。

かなり年季の入ったサポート柱ですが、
リノベーションでは大活躍をしてくれます。


約25帖のLDKになる部分です。
既存の梁と長さ6mの集成梁を連結し補強しました。
レッカーなどで作業する事ができないので、
人数を集めて、人力で作業を行いました。

元々和室8帖間が二つと押入などがありましたが、
こんな大空間になりました。

床組みは、既存の土台の上に
桧のムク材の大引きを設置し、補強しました。

次に耐震補強工事の様子です。

現在の耐震基準に合わせて、補強を行いました。
たくさんの筋かい(耐力壁)が追加されました。

接合金物も施工し、
記録として写真も撮りました。

ホールダウン金物もしっかり施工しました。

次回のS様邸リノベーション工事のブログでは、
シロアリ対策の様子を掲載させていただきます。