ブログ

2019.10.07

福島市笹木野K様邸 建て方作業完了

福島市笹木野K様邸の
建て方作業を行いました。

建て方作業の様子です。
まずは1階部分を建てます。

大工さん7名で、一気に組み上げていきます。

2階床梁組みの様子です。

土台と同様に910mm間隔で
マス目に組んでいきます。

その上に、厚さ28mmの構造用合板を敷き、
専用の釘を使用し、150mm間隔で、
合板の四周をしっかり留めます。
これで、2階の床組みも剛床仕様となり、
地震に強い床組みになります。

次に2階部分を建てます。

10月なのに、気温が26℃まで上がり、
水分補給などの休憩をこまめに行うなど、
熱中症対策を行いながら作業を進めました。

屋根組みの様子です。

K様邸は片流れの屋根に、
パラペットという壁で囲うデザインです。

これで建て方作業の完了です。

二日目のお昼には、
K様にお弁当をご用意いただきまして、
大工さんとの顔合わせを兼ねた昼食会を行いました。

さらに、建て方作業終了後、


四方締めや火災除け祝詞などの
上棟式を行いました。

K様、お弁当などいろいろとご用意いただきまして、
本当にありがとうございました。
完成まで、無事故無災害で作業させていただきます。

2019.10.01

福島市笹木野K様邸 大工工事開始

福島市笹木野K様邸の
大工工事が始まりました。

1階床組みの様子です。

まずは、基礎と土台の間に
城東テクノの基礎パッキンロングを敷きます。

この基礎パッキンを使用する事で、
防蟻の薬剤をしようしなくても、
シロアリ保証が10年間付いてきます。

基礎パッキンのシロアリ保証の詳しい内容は、
下記の城東テクノ シロアリ保証のHPをご覧下さい。
https://www.joto.com/shiroari/1000/

次に土台を敷きます。

弊社は、桧の無垢材の土台を
標準仕様とさせていただいております。

その桧無垢材の土台を
910mm間隔でマス目に組みます。

土台の次は、床の断熱材を施工します。

マス目に組んだ土台に、
FPパネルという硬質ウレタン厚さ105mmの
断熱材を入れていきます。
床下からの冷気を、この断熱材が防いでくれます。

そして、土台とFPパネルの継ぎ目全てに
気密テープを貼ります。

この作業により、床下からの隙間風を完全に防止できます。

つぎに、床合板を貼ります。

弊社の床合板は、
構造用合板厚さ28mmを使用しております。
その合板を敷き、

専用の釘を、150mm間隔で合板の四周を留めます。

このマス目に組んだ土台の上に
厚さ24mm以上の構造用合板を貼る施工方法は、
剛床(ごうしょう)と呼ばれている工法で、
地震に強い床組になります。


最後に、雨に濡れないように、
ブルーシートで養生して、完了です。

台風が心配ですが、今週末に建て方を行う予定です。

2019.09.28

福島市南矢野目N様邸 完成写真

福島市南矢野目N様邸の
完成・お引渡しさせていただきました。

また、先週末にN様のご厚意により、
完成見学会を行わせていただきました。
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

完成写真の一部を
ブログにて掲載させていただきます。

外観

玄関・シューズクローク

LDK

2階ホール室内物干し場

2階子供部屋×2

2階トイレ

以上が、N様邸の完成写真の一部です。

先週末に、N様のご厚意により、
完成見学会を行わせていただきました。

完成見学会にご協力いただきましたN様、
また、ご来場いただきましたお客様、
本当にありがとうございます。

N様、本当にありがとうございました。
今日からお引越しで大変だと思います。
新しい快適な家で、ご家族と楽しい思い出をたくさん作って下さい。

2019.09.24

福島市笹木野K様邸 基礎工事完了

福島市笹木野K様邸の
基礎工事が完了しました。

天候が不安定で、通常より時間が掛かりました。

現在は、給排水の内外の先行配管を行っております。

来週から大工工事が始まる予定です。