ブログ

2020.03.03

福島市飯坂町B様邸 上棟しました。

福島市飯坂町B様邸が
上棟しました。

二日間掛けて行った建て方の様子を
ブログに掲載させていただきます。

1階部分の建て方です。

クレーン車と大工さん8人で作業を進めました。

2階床組の様子です。

土台と同じように、2階床梁材を
910mm間隔でマス目に組みます。


その上に厚さ28mmの構造用合板を敷き、
専用の釘で、合板の四周を150mm間隔でしっかり留めます。

2階部分の建て方です。

屋根の下地組みの様子です。

1日目の作業はこれで終了です。

手前にあった木材の山が全て無くなったので、
レッカー車の作業も完了しました。

2日目の様子です。

屋根も全て組み終わり、
屋根業者さんが防水シート施工を行いました。

これで建て方作業は終了です。

2日目のお昼に、B様からお弁当をご用意いただき、
現場にて、大工さんとの顔合わせを兼ねた、
昼食会を行わせていただきました。

夕方には、2階の上がっていただき、
四方締めや火災除け祝詞などの
上棟式を行わせていただきました。

B様、いろいろとご用意いただきまして、
ありがとうございました。

これからも安全に気を付けて、
作業を進めさせていただきます。

2020.03.02

福島市飯坂町平野K様邸 始まります。

福島市飯坂町平野に
K様邸新築工事が始まります。

敷地に建物の位置を表す「地縄張り」という
作業を行いました。

K様にも現場で、境界からの離れや
建物の大きさを確認していただきました。

次に地鎮祭の様子です。

お天気にも恵まれ、滞りなく、地鎮祭を行う事ができました。

今後は、地盤調査や
境界の土留め工事を先行して行う予定です。

2020.02.27

福島市飯坂町B様邸 大工工事開始

福島市飯坂町B様邸の
大工工事が始まりました。

土台敷きの様子をブログに掲載させていただきます。

まずは、基礎と土台の間に
基礎パッキンロングを敷きます。
(一部、気密パッキンロングを使用しています。)

これにより、床下の換気を確保し、
シロアリに対する保証も付きます。

詳しくは、JOTOキソパッキング工法
シロアリ保証1000のHPをご覧下さい。
https://www.joto.com/shiroari/1000/

次に、桧無垢材の土台を敷きます。

弊社では、桧無垢材の土台を
標準仕様させていただいております。
その桧無垢材の土台を910mm間隔でマス目に組んでいきます。

次は床の断熱材を入れます。

床の断熱材には、FPesパネルという
硬質ウレタンフォームの断熱材を土台の間に入れます。

土台と断熱材の継ぎ目全てに気密テープを貼ります。
床下からの隙間風と冷えを防止します。

その上に、厚さ28mmの構造用合板を敷き、
専用の釘で合板のヘリを150mm間隔で留めました。

これで1階床組みの完成です。

次回のB様邸のブログでは、建て方の様子を掲載させていただきます。

2020.02.25

福島市飯坂町B様邸 基礎工事完了

福島市飯坂町B様邸の
基礎工事が完了しました。

暖冬のおかげで順調に
基礎工事を進められました。

今週から大工工事が始まります。
今月末に上棟予定です。