リノベーション

2020.06.02

本宮市W様邸改修工事 外壁工事中

本宮市W様邸改修工事の
外壁工事中です。

W様邸の外壁材は、
アイジー工業のガルスパンJを採用していただきました。

ガルスパンJとは、遮熱性フッ素樹脂塗装のガルバリウム鋼板の外壁材です。

ガルバリウム鋼板は、昔のトタンとは違って、
錆がつきにくく、耐久性に優れています。
また外壁材自体が軽いので、地震の時に建物への影響を減らしてくれます。

その他、メリットもデメリットがありますが、
W様邸の立地や工事内容から
ガルバリウム鋼板の外壁材を採用していただきました。

アイジー工業のガルスパンJの詳しい説明は、下記のHPをご覧下さい。
https://www.igkogyo.co.jp/syohin/detail.html?id=38

W様邸は隣地境界が狭く、
外壁の貼替えが難しい現場でした。

外壁貼替前

外壁貼替後

隣地境界ブロックから外壁面まで20cmぐらいしかありません。
「前に施工した業者って、どうやって張ったんだろ~」と
不思議でした。

W様邸の工事が始まる前に
外壁業者の数社に現場打合せを行いましたが、
見事にお断りされました。

唯一、「たぶん、張れるはず・・・たぶん」と言ってくれた
外壁業者さんにお願いし、なんとか貼っていただきました。

とても苦労して貼っていただき、ありがとうございました。

2020.05.25

本宮市W様邸改修工事 断熱サッシ取付

本宮市W様邸改修工事の
断熱サッシを取り付けました。

W様邸は、築100年以上の住宅ですので、
今ではなかなか見られない木製の窓でした。
鍵は、ねじ締り錠です。


まだまだ現役で頑張っています。

改修工事を行う前の打ち合わせで、
「木製の窓を残して、暖かく住みたい」
とのW様からのご要望でした。

今回の改修工事では、
木製窓の外側に断熱サッシを取り付ける事にしました。
今使っている木製窓に合わせるので、全て特注品です。

断熱サッシを取り付ける前の状態

断熱サッシを取り付けた状態

幅が4m近いサッシもあったので、
現場に枠材を搬入し、その場で組んでもらいました。
(玄関引戸は、ペアガラス入りの木製で制作していただきます。)

外側に断熱サッシを取り付けたので、
外からの見た目は、以前と変わってしまいますが、
その分、防水性・気密性が高まりました。

でも、内部からの見た目は以前とあまり変わってません。

こんな感じです。

W様邸は、今週から外壁工事が始まる予定です。

2020.05.13

本宮市W様邸改修工事 床組み工事

本宮市W様邸改修工事の
床組み工事を行いました。

まずは、床に断熱材を施工します。

W様邸の床の断熱材には、
アキレスの
キューワンボードを採用させていただきました。

キューワンボードとは、

他の断熱材に比べても、非常に優れた断熱性能があります。
現場加工もしやすく、断熱改修などのリノベーションには最適です。

防アリ処理が終わった桧無垢材の土台の間に
キューワンボードを入れます。


土台とキューワンボードの継ぎ目に
気密テープもしっかり施工します。

これで床からの冷えと隙間風を塞ぎます。

その上から厚さ28mmの構造用合板を敷きます。


専用の釘で合板をしっかり留めます。

この土台に厚さ24mm以上の合板を専用の釘で留めることで、
「剛床」という構造になり、地震に強い構造になります。

今回の床組み工事で、断熱・耐震改修を行いました。
今後は、壁と開口部の断熱改修も行います。

2020.05.07

本宮市W様邸改修工事 エコボロンPRO防アリ処理

本宮市W様邸改修工事の
防アリ処理工事を行いました。

W様邸の防アリ処理に、
「エコボロンPRO」を採用していただきました。

「エコボロンPRO」とは、

「エコボロンPRO」の有効成分は、「ホウ酸」です。
無機質なので、分解されず、揮発・蒸発することが無いそうです。
その為、長持ちし、再施工の心配もありません。

また、人の体内に入ったとしても、腎臓の働きにより、
体外へ排出されるそうです。
小さいお子様がいるご家庭でも安心して採用できます。

エコボロンPROは、シロアリだけでなく、
カビ菌や木材を腐らせる腐朽菌も防止してくれます。

カンノ住研は、エコボロンの認定施工店に登録されております。

詳しい「エコボロンPRO」の説明については、
下記のリンク先のご覧下さい。
https://ecopowder.com/products/shiroari/ecoboronpro/

「エコボロンPRO」の施工の様子です。

地盤面から高さ1.5mぐらいまでエコボロンPROを散布します。

古い土台・柱への散布だけでなく、
今回新たに設置した土台や合板受けや、
地盤面へもたっぷり散布しました。

合計で三日間、散布に掛かりました。

次回のW様邸改修工事のブログでは、
床の断熱材施工について掲載させていただきます。