リノベーション

2020.05.13

本宮市W様邸改修工事 床組み工事

本宮市W様邸改修工事の
床組み工事を行いました。

まずは、床に断熱材を施工します。

W様邸の床の断熱材には、
アキレスの
キューワンボードを採用させていただきました。

キューワンボードとは、

他の断熱材に比べても、非常に優れた断熱性能があります。
現場加工もしやすく、断熱改修などのリノベーションには最適です。

防アリ処理が終わった桧無垢材の土台の間に
キューワンボードを入れます。


土台とキューワンボードの継ぎ目に
気密テープもしっかり施工します。

これで床からの冷えと隙間風を塞ぎます。

その上から厚さ28mmの構造用合板を敷きます。


専用の釘で合板をしっかり留めます。

この土台に厚さ24mm以上の合板を専用の釘で留めることで、
「剛床」という構造になり、地震に強い構造になります。

今回の床組み工事で、断熱・耐震改修を行いました。
今後は、壁と開口部の断熱改修も行います。