リノベーション

2020.06.02

本宮市W様邸改修工事 外壁工事中

本宮市W様邸改修工事の
外壁工事中です。

W様邸の外壁材は、
アイジー工業のガルスパンJを採用していただきました。

ガルスパンJとは、遮熱性フッ素樹脂塗装のガルバリウム鋼板の外壁材です。

ガルバリウム鋼板は、昔のトタンとは違って、
錆がつきにくく、耐久性に優れています。
また外壁材自体が軽いので、地震の時に建物への影響を減らしてくれます。

その他、メリットもデメリットがありますが、
W様邸の立地や工事内容から
ガルバリウム鋼板の外壁材を採用していただきました。

アイジー工業のガルスパンJの詳しい説明は、下記のHPをご覧下さい。
https://www.igkogyo.co.jp/syohin/detail.html?id=38

W様邸は隣地境界が狭く、
外壁の貼替えが難しい現場でした。

外壁貼替前

外壁貼替後

隣地境界ブロックから外壁面まで20cmぐらいしかありません。
「前に施工した業者って、どうやって張ったんだろ~」と
不思議でした。

W様邸の工事が始まる前に
外壁業者の数社に現場打合せを行いましたが、
見事にお断りされました。

唯一、「たぶん、張れるはず・・・たぶん」と言ってくれた
外壁業者さんにお願いし、なんとか貼っていただきました。

とても苦労して貼っていただき、ありがとうございました。